横浜市西部地区、大和市に高齢者マンション・住宅、認知症高齢者のグループホーム、小規模多機能型居宅介護・訪問看護・介護施設を運営。

グループホーム あんず

施設案内
グループホーム“あんず”は弥生台駅から徒歩9分程の閑静な住宅街の一角にあります。春には鶯の鳴き声が聞こえるなど自然環境に恵まれ、毎日の散歩で草木を見ながら四季を感じることができます。
一人ひとりの今を大切に、家庭的な雰囲気の中で、生きがいや喜びを感じ、平穏な日々を過ごしていただければと思います。

グループホーム あんず
事業所名 グループホーム あんず
定員 18人 (9人×2ユニット)
事業所番号 1473601027
所在地 〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台45-4
TEL 045-814-9887
FAX 045-814-5566
提供サービス 認知症対応型共同生活介護サービス
開設時期 2005年9月(平成17年9月)
■ご入居相談窓口
(株)アイシマ 総合相談室 (月~土曜日 9:00~18:00)
TEL : 045-360-9171
FAX : 045-360-3512
E-mail : sodan@aishima.co.jp
〒246-0022 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境166-9


《ご入居条件》
  • 要支援2以上の介護認定を受けている方
  • 医師による「認知症」の診断が出ている方
  • 常時医療機関において治療をする必要がない方
  • 自傷他害のない方

ご利用料金表

1.運営規程で定められた費用(ご利用者様の10割負担です)
種類 金額 内容説明
家賃 60,000円  
食材料費 42,000円 1日1,400円。 (30日で42,000円)
光熱水費 16,000円 電気(冷暖房含む)・ガス・上下水道などの費用
共益費 15,000円 車両維持・植栽維持・機器点検などの費用
その他 実費 医療・オムツ・理美容・個人日用品などの費用
【入居時の費用】
種類 金額 内容説明
敷金 200,000円 無利息にてお預かりをし、退去時に賃料等の滞納、その他利用者の債務が存在する場合には敷金をもって精算いたします。
  • ☆入退去時の家賃・水道光熱費・共益費については日割計を算致します。
  • ☆利用料は月末締めの翌月請求となります。
  • ☆家賃、食材料費、水道光熱費、共益費については、実際に掛かった費用により改定する場合があります。その際には、改定の根拠となる資料等を報告させて頂き、皆様の同意の下で改定を行います。
  • 生活保護を受給されている方もご入居可能です。料金についてはお問い合わせください。

平成30年4月より

2.介護報酬に係る費用(負担割合1割負担として)
ご利用の要介護度と負担額
要支援2 一日につき 797円 1ヶ月(30日の場合)  23,895円
要介護度1 一日につき 810円 1ヶ月(30日の場合)  24,024円
要介護度2 一日につき 839円 1ヶ月(30日の場合)  25,150円
要介護度3 一日につき 864円 1ヶ月(30日の場合)  25,921円
要介護度4 一日につき 882円 1ヶ月(30日の場合)  26,436円
要介護度5 一日につき 893円 1ヶ月(30日の場合)  26,950円
別途状況により加算される費用
初期加算 一日につき 33円 1ヶ月(30日の場合)965円
入退院支援の取り組み 一日につき 264円 1ヶ月6日限度(6日分として)1,583円
若年性認知症加算 一日につき 129円 1ヶ月(30日の場合)3,860円
口腔衛生管理体制加算 1カ月に1回算定 33円
栄養スクリーニング加算 6カ月に1回算定 6円
生活機能向上連携加算 1ヶ月(30日の場合)215円
介護職員処遇改善加算 1ヶ月(30日の場合)2,674円~
サービス提供体制強化加算 1ヶ月(30日の場合)193円
医療連携体制加算 一日につき 42円 1ヶ月(30日の場合)1,255円
看取り介護加算 4~30日前 155円 (27日分)4,168円
前日・前々日 729円 (2日分)1,458円
当日 1,373円
退居時相談援助加算 1回 429円
3.介護の費用、加算等について
要支援2・要介護1~5 お手持ちの介護保険証に記載の「介護区分」でご確認ください
初期加算 入居後30日間、及び30日を超える入院後ホームに戻っていらした場合算定
入退院支援の取り組み 入居後入院し、3か月以内に退院し再度ホームに戻っていらっしゃる場合6日を限度として算定
若年性認知症加算 65歳未満の場合
口腔衛生管理体制加算 歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、介護職員に口腔ケアに係る技術的助言及び指導行っている場合算定
栄養スクリーニング加算 栄養スクリーニングを行い、計画作成担当者に栄養状態に係る情報を文書で共有した場合算定
生活機能向上連携加算 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、医師が、認知症対応型共同生活介護事業所を訪問し、計画作成担当者と身体状況等の評価を共同して行った場合算定
介護職員処遇改善加算 事業者が介護職員の処遇改善に取り組んでいる場合に算定。介護度、加算状況により計算
サービス提供体制強化加算 サービスの質が一定以上に保たれている場合算定
医療連携体制加算 状態に応じた医療ニーズへの対応ができるよう、協力医療機関との連携を確保し手厚い看護体制の場合算定
看取り介護加算 下記の場合算定になります。
・看取りに関する指針を定め、入居の際に、利用者又はその家族等に対して、当該指針の内容を説明し、同意を得ていること。
・ 医師、看護職員(事業所の職員又は当該事業所と密接な連携を確保できる範囲内の距離にある病院若しくは診療所若しくは訪問看護ステーションの職員に限る。)、介護職員、介護支援専門員その他の職種の者による協議の上、当該事業所における看取りの実績等を踏まえ、適宜、看取りに関する指針の見直しを行っていること。
・ 看取りに関する職員研修を行っていること。"
退居時相談援助加算 グループホームを退居後の居宅サービスの利用等について相談を行った場合1回を限度に算定

地図

交通案内
相鉄本線「弥生台」駅下車。徒歩9分。


大きな地図で見る

ページトップへ
アイシマTOP  |  アイシマの介護  |  施設ご紹介  |  ご利用までの流れ
採用情報  |  連携医療機関  |  会社案内