横浜市西部地区、大和市に高齢者マンション・住宅、認知症高齢者のグループホーム、小規模多機能型居宅介護・訪問看護・介護施設を運営。

職員教育

  株式会社 アイシマでは良質な看護・介護サービスを提供する上で必要な人材育成を目指し、各部において社内・社外教育を実施しています。 平成22年から介護職員の教育機関であるホームヘルパーカレッジを開講し、年2回の初任者研修を実施しています。
平成25年には(株)アイシマ教育委員会を設置し、看護・介護現場で資格を持って働く職員の自己実現に向け、主体的に能力開発ができる専門性を持った職員の育成、個々の実践能力に合わせた教育を組み立てキャリア形成を支援する体系を構築し人材育成指針を作成しました。平成26年よりキャリア形成支援システムの一貫として、集合教育を実施しています。

教育委員会

平成31年(令和1年度) 集合教育  実施内容

研修名 新卒採用者研修 中途採用者研修 ステップ1研修 現任者研修
目的

・会社の概要を知る 

・各所属における職務の遂行

・日常生活介護業務が指導を受けて実践できる能力を養う 

・資格取得への動機付け

・チームの一員としての自覚を持ち、メンバーシップを発揮し、看護・介護実践が安全に遂行できる能力を養う

目標

・組織・部の概要を知る

・各所属における業務が指導の下に実践できる

・日常生活介護の知識と 技術の習得ができる

・メンバーとしての自覚を持ち、チームとして積極的に実践できる

テーマ  

① 資格取得への動機付け

② 今さら聞けない介護の基本Q&A

安全な福祉用具の使用方法を身につけ、積極的に実践・指導できる
研修方法

・オリエンテーション 

・分散教育(OJT)

・研修後アンケート

・研修報告書提出 

・講義、演習

・分散教育(OJT)

・研修後アンケート

・研修報告書提出

・講義

・GW、発表

・研修後アンケート

・研修報告書提出

対象 4月1日新卒採用者

➀ 3月以降9月採用者

② 10月以降R2年2月採用者

介護職員ステップⅠ
採用後1年以上
介護職員 ステップ 2A
看護職員 ステップ 1
採用後2年以上
人数 全 員 所属1名 所属1名  
実施日 4月1日 ➀9月11日 R2年1月8日 12月11日 
②R2年2月12日
時間 オリエンテーション2時間 オリエンテーション1時間 3時間  3時間 
アドバイザー 所属長
企画運営 教育委員1・施設部1・在宅部1 教育委員1・施設部1 教育委員2・在宅部1・施設部1
実 績 2 ➀38 ②17 5 18
研修名 中堅研修 管理職研修 教育研修会 事例発表会
目的

・中堅職員としての自覚を持ち、後輩育製・リーダーシップの発揮と実践モデルとしての行動を養う

・(株)アイシマの管理職としての管理能力・資質向上を培う 

・看護・介護に必要な最新の専門的知識・技術の修得しケアの質を高める

・利用者に安全・安心のケアを提供できる能力を養う

・職員の資質の向上を図る

・研究的態度を養う

・看護・介護サービスの質向上、業務改善に繋げる

目標

・同僚・後輩に対して教育的かかわりができる

・「リーダーシップ」発揮に必要なスキルを強化する

・「人財」育成に向けた人事評価(考課)について学ぶ

第1回テーマ
高齢者の皮膚の保護・褥瘡予防

第2回テーマ
高齢者支援に向けて「認知症の知識と対応」

・利用者サービスの質向上と業務改善及び研究的姿勢を学ぶ

・事業所及び職員の連携・コミュニケーションをとることができる

・事例発表の内容を客観的に評価・検証できる

・社外発表ができる

テーマ

・中堅職員として後輩指導を考える

研修方法

・講義

・GW、発表

・分散教育(OJT)

・研修後アンケート

・研修報告書提出

・講義 

・GW、発表

・研修後アンケート

・研修報告書提出

・講演等

・研修後アンケート

・研修報告書提出

テーマ「業務改善・連携・生活支援・看取り」

・抄録提出

・発表、評価

・終了後アンケート

・発表原稿提出

・集録作成

対象 介護職員
  ステップ2B
看護職員
 ステップ2
採用後2~3年以上
ステップ 3・4  全職員
(自主研修)

・抄録提出

・発表、評価

・終了後アンケート

・発表原稿提出

・集録作成

参加数 所属1名 管理職全員 所属1~3名 所属1~4名
実施日 7月31日 4月12日  ① 6月12日
② 10月9日
③ 3月11日(中止)
5月9日・10日
時間 3時間  1日  1.5時間(勤務時間外) 各日5時間
アドバイザー 部長・課長 部長・顧問   評価者:所属長・部長・課長・ 顧問・常務・専務・副社長・社長
企画運営 教育委員1・在宅部1・施設部1 管理部長・看護部長
教育委員会議長
教育委員4 教育委員4 総合相談室1
実 績 16 87 ➀90 ②285(社内255) 201

* 事例発表 社外発表:グループホーム全国大会、全国小規模多機能居宅介護事業者連絡会全国大会
神奈川福祉サービス大賞、横浜発「みんなにやさしい介護」のプロを目指すプロジェクトで優秀事業所認証受賞

平成31年(令和1年度)教育研修会  年間計画実績

  第1回 第2回(公開研修)
目的

・看護・介護に必要な最新の専門的知識・技術の修得しケアの質を高める

・利用者に安全・安心のケアを提供できる能力を養う

目標

1)看護・介護に必要な知識を学び、日常的なケアに 生かすことができる

2)利用者に安心・安全のケアを提供できる能力を養う

1)認知症の基礎的知識を習得できる

2)認知症に起因した行動等についての対応・応用の知識を学び、日々の支支援に生かすことができる

テーマ 高齢者の皮膚の保護・褥瘡予防 高齢者支援に向けて 「認知症の知識と対応」
講師 吉本大樹氏
横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター
  皮膚・排泄ケア認定看護師
原科美津枝氏
医療法人社団鵬友会横浜ほうゆう病院
  看護部長 認知症ケア専門士
時期 令和元年6月12日(水)18時~19時30分 令和元年10月9日(水)18時~19時30分
参加人数 90名 総計280名(社内255名)

* 第3回は令和2年3月11日に身体拘束等適正化委員会による「身体拘束ゼロを目指して」の
予定だったが、コロナウイルス対策のため、中止とする。

ページトップへ
アイシマTOP  |  アイシマの介護  |  施設ご紹介  |  ご利用までの流れ
採用情報  |  連携医療機関  |  会社案内  |  アクセス